メイン人間の言う通りに断行させる精神手法を披露します

下のお子さんが産まれてから上のお子さんに対してのイラ立ちが強くなりました。下のお子さんが泣いているのにウジウジして工夫をとめるキッズを急かしてしまう。出来るだけ向き合いたいと思っていますが、バイタリティに残余がなく品質兼ねてある。そんな時に2日間続けておねしょをしました。前日にアイスを食べて便所に行かず寝た事項室温で冷えた事が状況です。あんな話をメイン人にすると「ストレスかな。」と言います。あんな簡単に終わらすなら、自分が夜中交わるまでの一般話をすればいいと思いハード腹立たしくなりました。メイン人は夜中の場合に帰宅しゼロ人で自由にテレビを見ては自分の日にちを満喫します。セールスは昼からなので乏しいお天道様には朝方5ケース位までテレビを見てある。あんな生活をしているなら少し素早く寝て起きては保育所に送ってほしいと感じます。そんな事を少しでもいうやり方なら、自分の時間は無く忙しくて難しい事をアピールしてきます。昼も帰宅し少し空いた時間があれば昼寝を決める。そういった時間に近年持ち合わせるセールスを少しでもすれば日にちが焼けるのに調子が出ない等屁理屈をしては昼寝を決める。自分にかなり愛らしいメイン人に腹が立ちます。又、キッズにはゆっくり話して諭して同感させて動きさせたら賢く養成けができると言うので、最近ではキッズの養成けはメイン人の方が上手と言い、少しでも保育所に出向く事をキッズがグズれば先寝たばかりでもメイン人を叩き起こして、諭してあげてと誘導してある。四六時中躾ける人とゼロ週に1回だけ躾ける人の開きを感じればいいと腹黒く考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です